DIYでオシャレな洗面台の空間をつくることが可能

費用を把握する

販売される製品の価格の幅が広いLED照明

LED照明の製品は、最近では価格の幅が広くなりました。最も身近なLED電球の場合であれば、100w型の場合は今でも4000円以上の製品が少なくありません。ところが、40w型であれば、国内大手メーカーの製品でも1000円前後で購入できます。高価なLED照明を購入しても、消費電力はとても安くなりますから、長く使い続ければ元を取ることができます。白熱電球から交換すると電気代の違いが特に顕著となります。LEDシーリングはリビングの直接照明として多用されるようになり、演色性能やエネルギー効率に優れた製品も増えています。一般電球タイプや、蛍光管型のタイプなどがあり、LED照明用器具の種類が豊富になっていることが最近の動向です。

LED照明を導入することで電気代のコスト削減を実現

LED照明を設置するための初期費用は、家全体で考えれば数万円単位の金額となります。そのために、LED照明を導入した直後には経済的な負担を重く感じるようになります。しかしながら、白熱灯よりもはるかに発光効率が良いため、5年や10年にわたって使い続ければ十分に元を取ることができます。発光効率では蛍光灯と同じくらいの場合もありますが、LED照明のほうが蛍光灯よりも格段に長持ちします。一般的なLED電球の寿命は4万時間となりますから、20年以上も使い続けることは十分に可能です。LED電球を購入する際には、まとめ買いをすると割安になることがあります。蛍光灯の器具に直管LEDを交換する場合には、互換性などを考慮して器具ごと交換することが推奨されています。